今週のFX見通しと注目材料 (05/09 – 05/13)

2016年5月9日

今週の予想レンジ
ドル円 108.00~106.00
ユーロドル 1.1600~1.1300

ドル円は105円台に突入する場面がありましたが、黒田日銀総裁や麻生財務相による口先介入もあり、下げ渋る展開となりましたね。ただ、上値の重さは変わらずといったところでしょうか。

先週末発表された米雇用統計が予想比下振れとなり、来月のFRBによる追加利上げへの期待も後退。また、伊勢志摩サミットで通貨安競争について議論されるとの見方も影響し、今週のドル円は上値が重そうです。

今週のドル円は108.00~106.00のレンジを予想。先週末に発表された米雇用統計は予想比下振れ。ただ市場の反応は限られ、引き続きドル円は107円台めぐって一進一退となりそうです。そうしたなか、今週は特段目立ったイベントもなく動きづらい展開が予想され、やや狭いレンジでの動きとなりそうですね。

今週のユーロドル1.1600~1.1300のレンジを予想。目立った材料はないですが、先週は一時1.60台に乗せたことで達成感もあり、やや上値の重い状況となりそうですね。ドル買戻しの動きが継続するか注目です。

05/09
(日)日銀・金融政策決定会合議事要旨
(米)米労働市場情勢指数(LMCI) 4月

05/10
(米)卸売在庫 前月比 3月

05/11    
(日)外貨準備高 4月
(日)景気先行指数(CI)・速報値 3月
(日)景気一致指数(CI)・速報値 3月

05/12
(日)国際収支・貿易収支 3月
(米)新規失業保険申請件数 前週分

05/13
(日)黒田東彦日銀総裁、発言
(米)小売売上高 前月比 4月
(米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 5月

FXマーケット情報  2016年5月9日 08:30:00  [モリバ]
タグ:市況

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください