「AI巫」売買シグナル検証(11/28-12/2)、ドル高水準で膠着(-116 pips)

2016年12月4日

penguin_swim_deep_20160618.png

今週の検証結果(11/21 - 25)

今週のAI巫は 2勝10敗  116 pipsの損失でした。米大統領選挙終了後からドル高トレンドが継続していますが、115円を目前にしてもみ合いとなりました。今週は、AI「巫」も苦戦したようです。

 

引内容の分析

1.取引回数

一週間で12件の取引(決済取引)がありました。1日あたり平均2.4件の取引です。取引が多かったのは11月29日(火)、12月1日(木)の3件、でした。

2.保有時間

取引あたりの平均保有時間は4時間32分(週越えなし)でした。先週、先週(3時間12分、6時間10分)と比較しても特に変化はありません。保有時間の最も短いものが49分、長いものが19時間51分でした。保有時間が1時間未満の取引は2件(0勝2敗)で、合計24 pipsの損失でした。

3.損益

1週間で合計 120 pips の損失でした。取引あたり平均 10 pips の損失です。
損益の分布は以下になります。

 ~ + 20 pips  + 20 ~ + 10 pips  +10 ~ 0 pips  0 ~ -10 pips -10 ~ -20 pips - 20 pips ~
1 回
(最大 100 pips)
1 回 0回  3 回 2回 5 回
(最大 56 pips)

トレンドの発生を予測して12回の新規取引を行い、うち6回はトレンドの発生がほぼ無く(+20~-20 pips)、予想の的中(~+20 pips)は1回、失中(-20 pips~)は5回でした。今週は、比較的大きな損失(-20 pips ~)を出した取引が多く発生しました。

まとめ

11月9日の大統領選挙後のドル高トレンドが続いていますが、115円を目前にしてもみ合いとなっています。AI「巫」が不得意な相場展開となり、今週は苦戦したようです。

11月の損益の合計は42 pipsの利益、調査を開始した5月からの合計は890 pipsの利益となりました。

 

FX-Cafe では、AI 型の売買シグナル 「巫」 を独自に検証しています。これまでになく急速に進むトランポノミクスの円安相場でも、AI 「巫」は損小利大を着実に実行して利益を積み重ねています。 

・ AI 「巫」 売買シグナル検証

AI 「巫」 を提供する、学びing社のウェブサイトはこちら。

アプリ(MT4)型シストレロジック Voyager についても、リアルマネーで独自に検証しています。

・ Voyager の運用成績

 

 AI「巫」売買シグナル検証  2016年12月4日 08:00:00  [ホシノさん]

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください