今週のFX見通しと注目材料(11/21– 11/25)

2016年11月21日

今週の予想レンジ
ドル円 112.00~108.50
ユーロドル 1.0700~1.0300

先週はドル独歩高の動きが継続。米長期金利が一段と上昇したことに加えて、日銀よる指値オペ実施により日米金利差拡大への思惑が強まり、ドル円は111円目前まで上値を拡大する展開に。イエレン議長の議会証言が12月利上げを強く示唆する内容となったこともドル買いの支援材料となりました。

今週のドル円は112.00~108.50のレンジを予想。先週からのドル買いの動きが継続し、堅調に推移すると思われます。ただ、今週は米感謝祭が控えており、週末に向けたポジション調整による下落は注意が必要です。ここまで急ピッチで上昇していますので、いつ大きめの調整が入ってもおかしくありませんからね。

今週のユーロドルは1.0700~1.0300のレンジを予想。ドル高の流れを受けて、今週も下値を模索する展開を予想。一本調子で下げ足を速めていますので、やや反発する場面がある可能性もありますが、年内にパリティ価格まで下押しするとの見方もあり、戻りは限られそうです。

11/21
(日)貿易統計(通関ベース) 10月
(欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

11/22
(米)リッチモンド連銀製造業指数 11月

11/23
(米)耐久財受注 前月比 10月
(米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 11月
(米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

11/24
(日)景気先行指数(CI)・改定値 9月
(米)感謝祭祝日で米金融市場 休場

11/25
(日)全国消費者物価指数(CPI) 前年同月比 10月

FXマーケット情報  2016年11月21日 08:30:00  [モリバ]
タグ:市況

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください