「AI巫」売買シグナル運用(8/1-5)、膠着相場

2016年8月7日

20160605_pelican-1081702__180.png

今週の取引結果(8/1 - 5)

8月1日(月)~5日(金)のAI巫のシグナルは 4勝11敗  23.6 pipsの利益でした。8月2日(火)には、金融緩和に関する報道をきっかけにドル円が下落する局面がありましたが、5日(金)の雇用統計でも大きな動きは無く、相場は膠着気味でした。AI巫は少ないチャンスで利益を上げ、少ないながらも利益を確保しています。

取引内容の分析

1.取引回数

一週間で15件の取引(決済取引)がありました。1日あたり平均3.0件の取引です。取引が多かったのは8月5日(金)の5件、少なかったのは8月2日(火)の1件でした。

2.保有時間

取引あたりの平均保有時間は2時間52分(週越えは無し)で先週(4時間56分)の約半分でした。保有時間の最も短いものが6分、長いものが16時間39分でした。

保有時間が1時間未満の取引は7件(2勝5敗)で、合計35.5 pipsの損失でした。

3.損益

1週間で合計23.6pipsの利益でした。取引あたり平均1.6pipsの利益です。
損益の分布は以下になります。

 ~ + 20 pips  + 20 ~ + 10 pips  +10 ~ 0 pips  0 ~ -10 pips -10 ~ -20 pips - 20 pips ~

1回
(+129.0pips)

0 回 3 回 7回 3回

1 回
(最大-23.0pips)

トレンドの発生を予測して15回の新規取引を行い、うち12回はトレンドの発生がほぼ無く(+20~-20 pips)、予想の的中(~+20 pips)は1回、失中(-20 pips~)は1回でした。

まとめ

先週の大相場から一転して、今週は膠着相場でした。AI巫の不得意とする相場展開でしたが、少ないチャンスでしっかりと利益を上げ、今週も利益を確保したようです。

 

これまでの、AI「巫」売買シグナル運用はこちら。

EAシストレ運用成績もぜひご確認ください。

 

 AI「巫」売買シグナル検証  2016年8月7日 17:00:00  [ホシノさん]

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください