「AI巫」売買シグナル運用(7/25-29)、大相場で好調

2016年7月30日

seagull_fly_20160618.png

今週の取引結果(7/25 - 29)

7月25日(月)~29日(金)のAI巫のシグナルは 3勝4敗  297.1 pipsの利益でした。今週は、27日(水)に安倍首相が経済対策について表明、29日(金)には日銀の金融政策決定会合で追加緩和が決定されるなど 、為替相場に大きな影響のあるイベントがありましたが、AI巫は上手くトレンドに乗って収益を確保したようです。

取引内容の分析

1.取引回数

一週間で7件の取引(決済取引)がありました。1日あたり平均1.4件の取引です。取引が多かったのは、7月25日(月)、28日(木)、29(金)で、それぞれ2回づつ取引がありました。少なかったのは7月27日(水)の0件でした。

2.保有時間

取引あたりの平均保有時間は4時間56分(週越えは無し)で先週とほぼ同じ水準です。保有時間の最も短いものが60分、長いものが13時間43分でした。

保有時間が1時間未満の取引が1件で、155.4 pipsの利益が出ています。今週はかなりの確率で予想が的中しています。

3.損益

1週間で合計297.1pipsの利益でした。取引あたり平均42.4pipsの利益です。
損益の分布は以下になります。

 ~ + 20 pips  + 20 ~ + 10 pips  +10 ~ 0 pips  0 ~ -10 pips -10 ~ -20 pips - 20 pips ~

3 回
(最大+162.2pips)

0 回 0 回 2回 1回

1 回
(最大-26.1pips)

トレンドの発生を予測して7回の新規取引を行い、うち3回はトレンドの発生がほぼ無く(+20~-20 pips)、予想の的中(~+20 pips)は3回、失中(-20 pips~)は1回でした。

まとめ

先週末の黒田総裁のヘリコプターマネーを否定する発言からの円高方向への流れの中、為替相場に大きな影響のあるイベントがあり、かなり流動的な動きとなりました。

急激な相場の変動もあり、部分的にはAI巫が不得意な相場の動きがあったと思ったのですが、今週は297.1pipsの利益ととても好調でした。

AI巫の7月の月間累計損益は、546.7 pipsの利益でした。今後が益々楽しみです。

 

これまでの、AI「巫」売買シグナル運用はこちら。

EAシストレ運用成績もぜひご確認ください。

 

 AI「巫」売買シグナル検証  2016年7月30日 08:00:00  [ホシノさん]

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください