「AI巫」売買シグナル運用(5/23-27)、レンジ相場での成績

2016年5月29日

20160602_PAKS85_oyogupenginsan_TP_V.png

5月23日(月)~27日(金)のシグナルは2勝8敗で 105.4 pipsの損失でした。 ドル円相場に動きが乏しく、巫が狙うトレンドがあまり発生しなかったようです。

初回ですので、取引の内容について確認してみます。

1.取引回数

一週間で10回の取引(決済取引)が行われました。 1日あたり平均2.0回の取引、最も取引が多かったのは、5月26日(木)の4回、最も少ないのは5月23日(月)の0回でした。 

2.保有時間

取引あたりの平均保有時間は5時間20分でした。保有時間の最も短いものが31分、長いものが11時間24分でした。

3.損益

1週間で合計105.4pipsの損失でした。取引あたり平均10.5pipsの損失です。
損益の分布は以下になります。

 + 20 ~ + 10 pips  +10 ~ 0 pips  0 ~ -10 pips -10 ~ -20 pips - 20 pips ~
1 回(17.9pips) 1 回 3回 3回 2 回 (-24.5,-36.7pips)

トレンドの発生を予測して11回の新規取引を行い、うち8回はトレンドの発生がほぼ無く(+20~-20 pips)、2回は予想と反対方向に推移したため取引を終了しています。

今週は、ドル円のボラティリティが約130 pipsと、とても狭いレンジでの動きでトレンドの発生がありませんでした。 AI「巫」が不得意な相場で収益を上げることは出来ませんでしたが、比較的浅い損切りで損失が抑えられています。 「巫」の取引スタイルの通り、「損小利大」を実践しているようです。

今後の取引に期待しましょう。

 AI「巫」売買シグナル検証  2016年5月29日 08:00:00  [ホシノさん]

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください